FC2ブログ

Fairy Rose

☆楽しいレムリアン・フルータリアン・ライフ☆動物、植物、精霊、宇宙と調和して、毎日ハッピーに♪ 動物、環境に優しい生き方してると妖精とも仲良くなれるよ♡

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガン死50倍の毒ガスが抗ガン剤に

★自然治癒力を教えない現代医学

私達の体には、誰でも自然に治る力が備わっています。
自然治癒力とはホメオスタシス(生体恒常性維持機能)によって
「病気」を治す力です。
その存在は、古代ギリシアの時代から、知られていました。
医聖ヒポクラテスは、こう喝破しています。
「人は、生まれながらにして、自らの内に100人の名医を持っている」
 ここでいう"100人の名医"こそ自然治癒力に他なりません。
そして、医聖はこう諭すのです。
「われわれ医者がおこなうべきは、これら"名医"の手助けにすぎない」。
つまり、医師の本分とは、
生体に備わった”名医(自然治癒力)”の助手に徹することである。
これは医者が心に刻むべき永遠の真理です。
ところが現代の大学医学部では、自然治癒力について、いっさい教えません。
「そりゃあ、そのとおりだ。患者がほっておいても治ってしまう、なんて教えたら
医者もクスリ屋もオマンマの食い上げだ」と言ったお医者さんもいます。
それどころか『医学大辞典』を繰ってみても「自然治癒力」という項目はありません。
それどころか「治癒」という項目すらない。
 医学の神髄である「自然治癒力」を教えない。学ばない。
それは、もはや医学ではありません。
つまり真の医学には無知蒙昧な「愚者」が医者になりすまして、
数多くの患者を診察し、治療しているのです。なんと、空恐ろしい現実でしょう!

★ガン死50倍の毒ガスが抗ガン剤に

なにしろ抗ガン剤のルーツは、戦時中の毒ガス兵器なのです。
いわゆる窒素マスタードガス。
ジュネーブ条約で、その残虐性から禁止され、
WHOが最悪の発ガン物質と断定した猛毒化学兵器が、
戦後、あろうことか医薬品(抗ガン剤)に認可され、
医療現場に堂々とまぎれこんでいるのです!
 この毒ガス兵器は、戦時中、日本でも密かに製造していました。
広島の毒ガス工場では従業員にガンが続出。
その発ガン死は通常の50倍に達しました。
健康な人を発ガン死亡率50倍で”殺す”超猛毒物質が、ガン患者に投与されている!
もはや、それはガン治療の為というより、ガンを爆発的に悪性化させる陰謀なのです。
すると、さらに抗ガン剤が売れる。最後は痛み止めのモルヒネ漬けにして稼ぐ。

★”5大検診”は病人狩りの罠
「これら定期健診には、病気を防ぐ効果も、寿命をのばす効果も、
一切ないことが海外の数多くの研究で実証されています」
(岡田正彦・新潟大学医学部教授)。
それどころか「CTスキャン撮影などのX線被ばくで日本のガン患者10人に一人が
発ガンしている」とは・・・(近藤誠・慶応大学病院医師の証言)。

①人間ドック
②脳ドック
③ガン検診
④メタボ検診
⑤定期健診

の5大検診は、すべて「無効」どころかCT被ばくなどで「有害」なのです(岡田教授)。
それは巨大医療産業による”病人狩り”の罠にすぎないのです。

★検診でみつかる”ガン”はがんもどき

また「現代医学にガンの定義はない」
という近藤医師の証言にあなたは絶句するでしょう。
「定義がない」のにどうして病理医たちはガンと”診断”しているのでしょう。
「彼等は気分で決めているのです」(近藤医師)。
もはや、唖然茫然です。
そして「ガン検診でみつかる”ガン”はガンではない」(同医師)。
つまり、それは「良性」の”がんもどき”。「ほっておいても悪さをしない」という。
しかし、健診で”ガン”と診断されたら、自動的に「標準治療」が施される。
それは「抗ガン剤」「放射線」「手術」のガン”三大療法”。
しかし、抗ガン剤は超猛毒で投与するとガン細胞は、
自らの遺伝子(反抗ガン剤遺伝子ADG)を変化させ、悪性化、凶暴化する。
放射線治療も同じ。手術も免疫力を激減させる。
こうして「良性」がんもどきは、ガン治療によって「悪性」ガン細胞に急変させられる。
抗ガン剤「三種類」を投与された群は「一種類」に比べて、
その猛毒の為7~10倍も死亡率が上がる。
また20%にガン縮小が見られても5~8ヶ月で元の大きさにリバウンド(再増殖)し、
アッという間に患者を死なせる(殺す!)。
(東海岸リポート 『ガンで死んだら110番・・・)

★毎年28万人がガン治療で虐殺される

こうして、ガン患者のほとんどは三大療法で殺されているのです。
岡山大学病院の現場では、ガンでなくなったとされた患者の80%は、
実はガン治療による重大副作用で死亡していることが判明しています。
その事実を記録した博士論文は、医学部長の手で破り捨てられたのです。
厚労省は「毎年約35万人がガンで死亡している」と発表しています。
しかし、その8割28万人は、残虐無比の”三大療法”で「虐殺されている」のです。
 私のもとに次のような内部告発が寄せられました。
「白血病治療薬として有名な『メルファラン』は、
投与すると白血病症状が100倍以上激増します。
つまり治療薬なのに、白血病を爆発的に増やす。
『抗白血病薬』が、白血病悪化の『仕掛け』だった。
つまり、いちばん病気を発生させるものが”治療薬”として使われている!
恐ろしい仕組みです。

同じことが、膠原病、ベーチェット病、リウマチ、
精神疾患の投薬”治療”でも行われています。
『最高に悪化させる』ものが『治療薬』だとは・・・。
医原病そのものです。
つまり、わざと”白血病”と誤診して、本物の白血病にしている。
診断してしまえば『メルファラン』など暴利の薬剤(毒剤)処方をするだけで、
白血病患者をつくっている。白血病は、『医者が発明した』といえます。
他の病気も同じ、そのトリックが、はっきり解けたのです」


   
関連記事
スポンサーサイト

左サイドMenu

プロフィール

Hina

Author:Hina
ヴィーガンライフを楽しむ
レムリアン・フルータリアン☆

2006年 春
・殺生が嫌で、
 ヴィーガンになる。

2013年 春
・加熱食が苦手になり、
 ローフーディストになる。

2014年 夏
・レムリアに導かれて
 フルータリアンになる。

どの食事法も、不安より、
新しい世界への好奇心の方が
強かったから、
すんなり移行出来ました。

フルーツ&ナッツだけで
肉食時代より健康だもの。
ベジタリアンで栄養失調
だなんてあり得ない。
肉の栄養素と、野菜の栄養素、
比較してみてね♪

アルバム

ご自由にどうぞ♪

印刷用PDF&詳細

動物&健康情報誌

お薦め書籍、DVD













右サイドメニュー

引き寄せの法則


喜びに包まれている時、
あなたは喜びを
世界に振りまいている。

苦痛に顔を歪めている時、
あなたは苦しみを
世界に振りまいている。

全記事表示リンク

妖精☆天使☆夢


メールフォーム


※返信は控えていますが、
大切に読ませて頂きます。

ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。